兼業・副業について

(たんぽぽと大内宿遠望・福島県下郷町、by T.M)

ブログネタに困る週もあれば、何を書こうか迷う週もあります。

ALSの方の嘱託殺人について、ギランバレーの後遺症の残る者として感想を書こうかと思いました(ALSとギランバレーは症状がよく似ています。私も一時はALSを疑われました)。

また、福島の工事現場での爆発災害や、トーキン仙台事業所の酸欠災害(2名死亡)も労働安全衛生コンサルタントとしては興味深いものです。

しかし、やっぱり最近の旬の労働問題の話題は次のものでしょう。

https://www.mhlw.go.jp/content/000645682.pdf

労働者災害補償保険法の9月1日からの改正です。

この改正って、けっこう「働き方改革」としては重要なものです。要点を言うなら、「ダブルワーク」をしていた方の労災補償が、両方の会社の賃金額を合算した賃金額で補償を受けることができるようになったということです。

実例を挙げると、次のとおりです。

(例) Xさんは、8時から17時まで、A工場の事務仕事を月給25万円でしていたが、19時から21時まで時給1200円で自宅近所のBスナックでアルバイトをした。スナックでアルバイトをしていた時に、客からコロナを感染させられ1ヶ月休業した。そして、労働基準監督署で労災認定された。

今までの法律では、上記の場合、Xさんへ労災保険から支払われる給付額はBスナックから支払われる時給1200円をベースにしたものだけでした。9月1日以降は、X工場の月給25万円も含まれるようになりました。当たり前といえば、当たり前のことですが、「兼業」を解禁としたい「働き方改革」について、労働者が安心して生活できるといった側面から、これは非常に大切な法改正です。

この改正については、いくつかの疑問点もあります。

まずは労働基準法第19条の解釈です。同条文では、「労災で休業する労働者については、休業期間中は解雇してはならない」と規定されています。上記のようなケースの場合は、Bスナックでは、 療養期間中のXさんを解雇できないのは当然ですが、A工場では、直接の労災が発生していないので、Xさんの自己責任による長期休業を理由に解雇できてしまうような気もします。そのへんの法解釈が、まだ厚生労働省から発表されていないようなのでが、できればA工場でも解雇はできないというような行政からの指導をしてもらいたいと思います。

「兼業・副業」の件で一番大きな問題は労働基準法第38条の解釈でしょう。同条文第1項では、「労働時間は、事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用については通算する。」とされています。この条文の意味するところは、「兼業で通算で1日8時間を超えた場合は、後で仕事をする事業場が残業代を支払わなければならない」ということです。

つまり、上記の労働形態では、XさんはA工場で昼間に既に8時間働いているので、夜間のBスナックの2時間の労働は残業代が含まれていなければなりません。

上記のケースでBスナックが東京都か神奈川県にあると、時給を1200円しか支払っていないので、即時法違反となります。なぜなら、東京都の最低賃金は時給1013円、神奈川県のそれは1011円なので、残業代(25%の割増賃金)を含めると、それぞれ1267円以上(東京都)、1264円以上(神奈川県)の賃金を支払わなければならないからです。

この労働基準法38条のことを理解されている人はあまりおりません。今後、この件が原因で労使問題が多く勃発しそうな気がします。上記の労働形態を少し変形して、

Xさんは、朝4時30分から6時30分までC新聞店でアルバイトをしてから、A工場で8時から17時まで働く

ということにしたら、今度はA工場が2時間分の残業代を出さなければなりません。これではA工場はXさんの兼業を認めることはできないでしょう。

さすがにこれではまずいと思ったのか、厚生労働省では、労働政策審議会の中の労働条件分科会で、今後この問題について検討する模様です。ただし、7月30日に開催された同分科会の資料では「今後検討する課題」とされているだけで、方向性はまったく決まっていないようです。

兼業する労働者が過重労働とならないように、兼業する事業場の労働時間を通算して考えることは当然ですが、この割増賃金の適用は、兼業しやすい環境を確保するためにも、廃止して欲しいと思います。

 

今日はブログ休みます!

(津久井湖城山公園と津久井湖・相模原市緑区、by T.M)

4連休は、1ヶ月前は関西旅行でも行こうと思っていたのですが、第2波のためstay home。仕事少しと、Amazon・primeとNetflixで映画・ドラマ三昧の日々でした。収穫は「サンガプ屋台」を観れたこと。

まだ、仕事が残っているので、今日はブログを休みます。

すみません。

たまには悪口を!

(渋田川の芝桜・伊勢原市、byT.M)

ブログを書き始めた時に、ある人からこんなアドバイスを頂きました。

「ブログの品格を保ちたかったら、人の悪口は書くな。」

確かに、その通りだと思いました。このブログでも、今までは行政批判等は行っても個人攻撃は基本的に行ってはいないはずです。何やかんや言っても、私は現場の仕事が好きでしたから、現場で一生懸命仕事をしている監督署の職員の悪口は書きたくない(書けない)。その反面、現場の職員を犠牲にして保身だけを考えている局や本省の連中のことは、いくらでも書くつもりでいます。また、例え現場で働いている者であっても、他の職員の誇りを傷つけるような者は許せない気がします。

私に前述のアドバイスをくれた人はこうも言っていました。

「でも、人の悪口を書くことはとても楽だ。」

ブログを初めて4年目。ブログネタもそろそろ切れてきました。そして私も62歳。もういい頃だと思いますので、「悪口」を解禁したいと思います。

私がこいつは本当に許せないと思ったのは、東北のM局に勤務してた時の職員Yです。今から30年以上前のことです。彼は労働基準監督署とハローワークの職員で構成する労働組合の活動家でしたが、職場に出勤するのは週1度程度した。残りの日は、「有給休暇」ではなく「組合活動」を「業務」と称し、仕事に出てこなかったのです。他の組合執行委員も、業務の合間に組合活動をする時に職場を離れることはあります。でも、周りの者にすまなさそうな顔をして、自分の仕事を済ませてからいく者については周囲から不満はでませんでした。でもYは違いました。まったく仕事はせずに、組合活動のみをしていました。因みに彼は、「組合専従職員」では、当時ありませんでした。東北1の国立大学出身で、在学中からある政党の下部機関である学生運動に参加していたというYは、筋金入りの活動家でした。

(注)「組合専従職員」とは、「仕事を休職」をして組合活動に専従する人を言います。「休職期間」の給与は労働組合費から出ます。ですから、専従職員の存在は合法です。問題は「専従」でもない人も、仕事をサボるということです

Yは、F署の第一課長という職にいて、私の上司でした。F署は労働基準監督署としては、最小単位の署でした。監督官は「私」と「課長」と「署長」の3名だけでした。私は、「課長」が常時いないので、仕方がないので「署長」と相談しながら業務を進めていました。すると、時々出勤するYが、私の仕事をけなすようになりました。「君の仕事はいいところがひとつもない」というような、現在ではパワハラと捉えられるような暴言も浴びせられました。私は当時、自分で言うのも何ですが、仕事はかなりできました。と言うよりも、仕事ができる私ですから、そのようなYの下につけられたのです。

私は、Yに暴言を浴びせられるたびに、理不尽という思いよりも不思議な気がしました。「この人は、なぜ私を非難するのか。私がいなければこの署の仕事は回らないではないか」と思っていました。でもある時に気付きました。Yは私に、「もっと自分の顔を立てろ」と要求していたのです。サボっている自分を、かばう姿勢なく、署長と2人で仕事をしていることが面白くなかったのです。

ある時ついに私は切れました。「お前ふざんなよ」と、事務室で他の職員の見てる前で怒鳴る付けたところ、その後Yはおとなしくなりました。私は普段はとても穏やかな紳士なので、切れられてYも驚いたと思います。Yはその後、年度途中で仕事を放り出して、国公労連の専従職員として中央に行きました。

まあ、Yの横暴を見て見ぬふりをして、一課長という要職に付けた当局及び、Yに何も言えない署長もひどいのですが、私が労働組合というものに幻滅したのはYの存在が大きかったと思います。

この話には後日談があります。

東日本大震災の時です。私は震災からひと月後に、かつて勤務していたM局I労働基準監督署にお手伝いに行きました。I署は海辺にあり、津波に直撃され壊滅的な被害を受けた所です。監督署には、連日避難所で暮らす人たちが多く来署してごった返していました。M局に昔勤務していた私は、そこで多くの旧友と再会しました。

そのI署に、同じM局のF署から手伝いの監督官も来ていました。F署はI署と違い内陸の署なので被害がなかったのです。そのF署から手伝いにきている職員がこんなことを言いました。

「F署の署長から、頑張らなくていいから、適当にやっていろと言われました。」

ようするに、当局がF署の職員を激務のI署に派遣することはケシカランというようなことをF署の署長は言う訳です。しかし、神奈川局からバスを乗り継いで手伝いに来ている私の前で、よくそんな事が言えたものだと思いました。(当時、津波のため鉄道網は寸断されていました。)

そのF署の署長は誰かと尋ねたところ、何とYでした。私はYは、いつまでも変わらないなと思いました。

しかし、一課長時代に何の仕事もせずに、年度途中に中央の労組の専従職員となり、それから何年も休職していたYを労働基準監督署長に昇進させるとは、M局も相変わらずだなとしみじみ思いました。

(注) 現在の組合では、さすがに仕事をサボッて組合活動をしているケースはないと聞いています。