メンタルと過労死(2)

(菜の花、by T.M)

入省当時(33年前)の新人監督官研修で,こんなことを仰っていた、お医者様がいました。

「人は過労では死なない。だから過労死なんてナンセンスだ。千日回峰を見てみろ。人は過労で死ぬ前に意識を失って倒れるものだ。」

(注)千日回峰行については、下記リンク参照(出典:ウィキペディア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E6%97%A5%E5%9B%9E%E5%B3%B0%E8%A1%8C_(%E6%AF%94%E5%8F%A1%E5%B1%B1)

確かに、純粋な過労により、「脳疾患」や「心臓疾患」を引き起こし死亡にまで至る例は、当時のお医者様の多くが主張されていたように、ほとんど有り得ないのかもしれません。
当時のお医者様達は、「ストレス」という要素をまったく考慮してませんでした。

「長時間労働」で直接的に肉体を損傷する可能性は低くても、「長時間労働を原因としたストレス」によって人は死に至ることが発生します。

例えば、あの東日本大震災の時の、津波の後の「避難所」の生活の事例です。そこの生活によるストレスで、ある人は鬱となり衰弱し死に、ある人は脳梗塞等を患いました。
平成24年8月の復興庁の調査では、震災関連死のなかで、「避難所等の生活によるストレスからの死亡者数」を184名と発表しました。津波の死者は、3月11日に死亡した者だけが記録されているようですが、実はもっと多いのです。

現代の日本で普通に暮らして人々が、飲料水と食料だけはかろうじて確保できたとしても、水洗トイレが使えないため人々の排泄物が身近に存在し、おまけに掃除をする綺麗な水はなく、風呂には数日おきにしか入れず、プライバシーがまったくない長期の生活を強いられるとしたら、そのストレスはどれだけ過大でしょうか。

メンタルと過労死(4)


(我が家の梅はとても遅咲きで、今満開です)
(先日紹介したタヌキは、獣医と相談して、薬を投与することとしましたが、野生なんで、うまく飲んでくれるか心配です)

「長時間労働」を問題とし議論する時に、
「長時間労働が直接的に肉体に影響を及ぼし病気になるケース」と
「長時間労働により発生したストレスが原因で病気になるケース」
を混同してしまっていることが多いのです。

例の「ひと月45時間残業」という、労働基準監督署が36協定を受理する時に指導事項についても、前者の問題には有効ですが、後者の問題についてはあまり効力がないのです。
残業が、月45時間以内でも「職場の労働時間」が原因で労働者は自殺することがあります。また、月100時間を超える労働を何年も繰り返しても、心身にまったく異常がない人がいます。ある意味、「何時間くらいの労働まで人間が耐えられるか」といった基準を設定することは、不可能なのです。

世の中には何時間働いても大丈夫という方がいらっしゃいます。それは、仕事について、次の条件が満たされている方です。
     1 職場で良い人間関係がある
     2 充実している仕事をしている
     3 充分な報酬と必要最低限の余裕がある
この3つが揃うと、人は何時間仕事をしても、長時間労働でストレスを感じることはありません。しかし、実際は、「嫌な仲間や上司・部下がいて、嫌な仕事を、見合わないと感じる処遇で働いている」から、ストレスを感じ健康を損ねてしまうのです。

この3つの中でも、一番厄介と言えるのは、やはり「人間関係」でしょう。パワハラ・セクハラ問題はどこの職場でもおきます。それでも、「セクハラ」というのは、さすがに気まずいものなのか、意識して行動を自制される人が多いようですが、パワハラは野放しというのが現状なようです。

メンタルと過労死(5)


(タヌキにごはんを取られた、ウチの猫です)

昨日、WBCで日本がイスラエルに勝利し、ロサンゼルスで行われる決勝ラウンドに進出が決まりました。私は、この試合をテレビ観戦している最中に、ふと「NPBの選手は、過労でメンタル不調にならないのだろうか」などと考えました。

メンタル不調で自殺したアスリートで、有名な方はやはりマラソンの円谷幸吉でしょう。円谷氏は、前回の東京オリンピック(1964年)に銅メダルを獲得しながら、その後成績が思うように伸びずに、メキシコオリンピック(1969年)の直前に自殺します。
その彼の遺書には、「父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。何卒 お許し下さい。」と書き残してありました。この遺書は、当時の日本人に大きな衝撃となり、三島由紀夫や川端康成が感想を述べています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E8%B0%B7%E5%B9%B8%E5%90%89
円谷氏は、まじめで責任感が強かったそうですが、現代の仕事に追い詰められ自殺される方も、このような性格の方が多いそうです。

昨年より、ストレスチェックの実施が各企業で本格化してきました。
これは、いくつかの質問の回答を得ることで、被験者が高ストレスに晒されていらっしゃるかどうかを判断し、その結果を被験者(労働者)に通知するという制度です。いわば「心の健康診断」というべきものです。

円谷氏が、このストレスチェック制度を受診し、自分の高ストレス状態を把握していたら、悲劇は起きなかったでしょうか。
また、今回の電通事件や「ワタミ」の自殺事件の場合はどうでしょうか。

私は防げるケースもあったと思いますし、周囲の無理解により、やはり事件が起きたケースもあると思います。
次回では、このストレスチェックの説明と、その運用の難しさについて書きます。