優秀な新聞記者の話(2)

(明治時代の治水・牛伏川フランス式階段工・長野県松本市、by T.M)

ある大企業の工場で、クレーン使用中の死亡災害が発生しました。クレーン運転手はその大企業の作業員で、なくなったのは関連会社の作業員でした。落度は、クレーン運転手にもありましたし、関連会社の安全管理体制の欠陥にもありました。その事故に対し、労働基準監督署が関連会社を労働安全衛生法違反で送検し、警察が大企業のクレーン運転手を業務上過失致死の罪で送検することになりました。そして、検事の指示で、監督署と警察の送検の日は同日ということになりました。

この事件について送検のことを、監督署は新聞発表することになりましたが、警察はなぜか新聞発表しないことになりました。

送検する日の前に、その関連会社には一応新聞発表のことを伝えました(監督署が、新聞発表について、被疑会社に伝えるかどうかはケースバイケースです)。関連会社の担当者は、次のように話しました。

「大事な社員が当社の落度で亡くなってしまったのですから、当社が送検されることと、新聞発表は仕方ありません。しかし、クレーン運転していた親会社の方が、お咎め無しなのは納得できません」

私は、警察での送検のことを関連会社に説明したかったのですが、立場上それはできませんでした。

(関連会社と被災者遺族は、その時点で既に「民事倍賞の和解」がなされていました。その点では、関連会社は誠意を尽くしていました。)

さて、前述のクレーン事故について、送検日に事件送致の後に「投げ込み」の新聞発表を行いました。そして、その後で監督署で取材を待っていると、何件かの新聞社から連絡がありました。どの社の記者も監督署が発表した文書の内容の確認ばかりでした。ところが、たった一人だけ次のような質問を私にしました。

「ところで、クレーン運転手はどうなったのですか」

私はその質問に、思わず「ヘー」と答えてしまいました。その記者は私の感嘆の声に「どうしたんですか」と問いかけました。私は答えました。

「他の記者と違い、あなただけが、その質問を為されたので驚いたのです。クレーン運転手は監督署では罪は問いません。労働安全衛生法違反はないからです。他の法律で裁かれとしたら、それは警察の仕事でしょう。今回の災害で警察がどう動いているのかは、私はお答えできません。」

私のこの回答に、その記者は何か感じたようでした。

翌日の各社の新聞には、労働基準監督署が関連会社を送検という記事が小さく載っただけでしたが、その新聞社は、クレーン運転者が所属する大企業も責任が問われたことを大きな記事としました。

監督署が発表した文書だけで情報のすべてと判断した記者と、その情報を手がかりとして、新たな情報を入手した記者の能力の差が明確にでた事件でした。

(後日談)

関連会社の人が後で教えてくれました。

新聞に記事が掲載された日、関連会社ではプレス報道のために待機していたそうです。でも、多くのマスコミが、大企業の方に押しかけ、何の用意もしてなかった大企業は困ったそうです。警察も送検することくらい、当事者の事業場に教えてやればいいのにと思いました。

 

優秀な新聞記者の話(1)

松田山からの夕暮れの富士山・松田町、by T.M)

私がギランバレーのリハビリに必死になっていた平成26年に、私にとって衝撃的なニュースが流れました。東日本大震災の時に、福島原発の作業員がパニックになり、職場放棄をし逃げ出したという記事でした。

私は、ベッドに横たわりながら、震災直後に石巻労働基準監督署で仕事をしていた時のことを思い出しました。当時、女川原発の作業員たちと話をしたことがありますが、誰もが未曾有の災害の後で、自分の職場を立て直すことに懸命でした。

(注:女川原発は福島原発と同様に津波の被害を受けましたが、なんとか大事故にならずに堪えました。しかし、震災直後は、内部は大きな被害を受け混乱していたそうです。)

私は、この記事の内容が信じられませんでした。いえ、信じたくありませんでした。原発で一生懸命仕事をしていた人たちが逃げたと思いたくありませんでした。でも、「とても苦しかったんだな」とも思いました。

しかし、その記事について、時が立つと捏造だという噂が立つようになりました。そして、その記事を掲載した新聞社が誤りを認めることになりました。

それ以来、私は新聞記事が以前ほど信じられなくなりました。

監督署に在職中に多くの新聞記者の方と知合いになりました。多くは、知的な常識人の方でしたが、中には、まさしく「記者ゴロ」という言葉が似合う、ユスリ・タカリのような言動をする方もいました。でも、小さな権力をカサに、ひどい態度をとる者がいるというのはどこの社会も一緒です。「警察」にもいますし、「検事」にもいます、「自動車教習所の教官」にもいますし、もちろん「労働基準監督署の職員」にもいます。

前述の誤報をした新聞社の記者さんたちにも、何回か取材を受けたことがあります。特に親しくなったのは2名ですが、お二人とも、質問の主旨が明確で、賢いだけでなく、誠実な方でした。会社という組織と、現場の記者さんの雰囲気は大分違うなと思います。

監督署の監督官と新聞記者との接点の多くは、法違反をした事業場の検察庁への事件送致の時の新聞発表です。

新聞発表とは、送検を行う検察庁を担当する記者クラブに送検内容を記載した文書を届けることです。記者クラブは、当番の記者1名を除き、他の記者は不在のことが多く、発表文を記者クラブに届けた後は、監督署の担当官はそのまま監督署へ戻り、各マスコミ機関からの連絡を待つことになります。(人が何人も亡くなった大きな事故の後で、記者会見をすることはありますが、大抵の新聞発表はこのような「投げ込み」となります)。

さて、その新聞発表の時に、私が出会った非常に優秀な記者さの話を書きます。

(続く)

 

労働組合の陳情の思い出(2)

(日本三大奇橋の一つ、甲斐の猿橋・山梨県大月市、by T.M)

(前回までの話)

監督署の一課長時代、労働組合のナショナルセンターの支部の人が多数で監督署に陳情しにきた時に、大企業の女性正社員が、「人事異動で清掃の仕事をさせられることになった。そんな仕事したくない」という言動をしましたが、私はその言葉に切れました。

私は、女性組合員に対し、次のように尋ねました。(私は普通に話したつもりですが、内心は怒りでいっぱいでした)

私「あなたは、清掃の仕事に人事異動されたということですが、あなたがその清掃の仕事をする前に、その仕事は誰がしていたのですか?」

女性組合員「それはパートさんや、派遣の人です」

私「それでは、あなたがその仕事をすることになって、そのパートさんや、派遣の方は現在なんの仕事をしているのですか」

女性組合員「契約が終了したり、解雇になったんですが、そんな事知りません。」

私「つまり、あなた方正社員の雇用を守るため派遣やパートの方は契約を打ち切られたり、解雇になったが、あなたはそんな仕事はしたくないと言うのですね」

ここで、女性組合員は私の怒りに気付いたようで、黙ってしまいました。

私は続けました。

「ここで、人事異動の妥当性を問うことはできません。労働組合員という理由で、不当な人事を受けたなら、それは不当労働行為にあたりますが、それは監督署では判断できません。私は解雇されたパートの方や派遣の人を気の毒に思います。」

私が、陳情の時にこんなことを言い出したのには、訳があります。陳情のひと月くらい前に、女性組合員が勤務している大企業の工場が大量のパート従業員や派遣の方を解雇等したのですが、私は解雇された複数の方から相談を受けていたのです。相談者の中には、シングルマザーで子供を育てている人もいました。

私は、その時の陳情でパート労働者や派遣の方の解雇について、何等かの要請があるかと思っていたのですが、陳情ではその話題は何もありませんでした。

さて、私は、「陳情の時は黙って頭を下げる。ノラリクラリ回答する。」といった役所の暗黙のルールを破った訳ですが、陳情の途中で、「今の私の言動は後から労働組合に責められ問題になるかな」なんて考えてしまいました。web上での炎上はなかった時代ですが、労働組合は気に食わない役人の言動については、役人個人を糾弾するビラ配りなどは平気でしていた時代でした。

そんな心配をしながら陳情が終了した時に、陳情時に組合員席の後ろに座っていたひと達が複数名私に向かってきました。私は咄嗟に「まずい」と思いました。何か文句を言われると思ったのです。

ところが、一番最初に私のところに来た方は、名刺を差し出しこう述べました。

「××労働組合の○○です。今度相談に来ますのでよろしくお願いします。」

その人は地域の小さな会社の労働者が集まっている労働組合の役員でした。

それから、何人もの人が、私に名刺を差し出しました。名刺を持っていなかった人は、口頭だけで挨拶をし、私の名刺を受取りました。

私は、陳情の最後に大勢の人から自己紹介を受けるのは初めての事なので驚きました。何が起きているのか分かりませんでした。しかし、彼らが帰った後に気付きました。あの女性組合員と陳情を先導していた男性組合員(大手事業場正社員)は他の団体の組合員から「浮いていた」のです。

20年前の労働基準監督署での出来事ですが、非正規労働者の増加が著しい現在、私はあの時の陳情を思い出します。