技能実習生と農業

(寒川神社、by T.M)

こんな新聞記事が目につきました。

技能実習生の中国人女性が、茨城県の農家に対し適切な賃金が支払われていないなどと訴えた裁判で、水戸地裁は農家に対し、200万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

 弁護士によりますと、技能実習生の中国人の女性(32)は、5年前に茨城県内にある「大葉」の栽培農家に、「技能実習生」として受け入れられました。しかし、日中の作業のあとには、遅くて深夜0時まで残業をさせられていたほか、時給300円程度しか賃金が支払われていませんでした。

 9日の判決で水戸地裁は、「残業も契約に基づいた労働で、農家側は適切な賃金の支払いをしていない」などと認定し、およそ200万円の支払いを命じました。

 「今、新しい外国人労働者の受け入れ制度が、国会でこれから議論されますが、技能実習生と同じように権利が侵害されて、時給300円、400円で働かされるようなことが、また繰り返される危険がないとはいえない」(弁護士)

 弁護団は「今回の事案は『氷山の一角』で、技能実習生がひどい実態を抗議できない状況に置かれている」と話しています。(以上、「新聞記事」から引用)

私は、労働基準監督官を30年以上やってましたが、実は「技能実習生」のことについては不勉強です。外国人労働者のトラブルや、外国人労働者を支援する労働組合との交渉等につきましては、それなりに経験してきましたが、「技能実習生生」のトラブルについては経験していません。これは、私がこのような事件から逃げていた訳でなく、巡り合わせというものです。同時期に神奈川労働局で監督官をしていて、現在福岡で社労士事務所を開設する原氏などは、技能実習生受入れ団体(監理団体)の顧問をいくつもしているくらいその方面には詳しいようですが、私はまったくダメです。ですから、この事件について、「技能実習生制度」を考察する見地からは何も言えないのですが、ひとつ言えることは、この事件は労働基準監督署ではまったく受入れられないということです。

労働基準監督署にとって、農業はアンタッチャブルなのです。理由は、労働基準法第41条に、「農業に従事する者については、労働時間・休日・休憩の条文は適用しない」と規定されているからです。つまり、農家が事業主になる時、一週40時間労働制は適用されませんから、「1日12時間労働・休日なし」という労働条件が可能になります。農家は、残業について割増賃金を一切支払わなくて良いので、働いた労働時間に対し最低低賃金を支払えばいいことになります。

また、外国人労働者というので、住居・食事は事業主である農家が提供していた可能性があります。事前に契約書で決めておいけば、それらの代金を賃金から控除することは可能です。ですから、農家の場合、技能実習制度を悪用しようと思えば、他の業種と比較し容易のような気がします。

ですから、未払賃金が発生した時に、「疑わしきは処罰せず」という刑法の原則に基づいて未払賃金額を特定する労働基準監督官にとって、農業従事者の三原賃金額を特定することは困難となるのです。

今回の民事事件の判決について、どのように支払額を算定したのか、詳しく調べたいと思います。

産業医の仕事

(沼津港展望水門びゅうお、by T.M)

まずは、神奈川中央交通バスのホームページからの抜粋をご紹介します。

2018年10月28日(日)21時17分頃、横浜市西区桜木町4丁目の国道16号で弊社バスによる人身事故が発生いたしました件につきまして、当該乗務員が10月30日(火)、「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」違反の疑いで神奈川県警察に逮捕されました。この事故によりお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様に心よりお詫び申し上げます。・・・(略)・・・当該バス乗務員は、弊社にて3年に1回全乗務員に対して実施を進めている睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査において、2017年6月8日に実施した精密検査にてSASであると診断され、以降治療を開始し、現在も通院治療を行っていることが確認されました。また、直近3回の定期健康診断(年2回実施)の結果から高血圧症についても継続して通院治療中である旨、確認されました。上記の点については、医師の所見により就業可能であることを確認しつつ、就業させてまいりました。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

労働基準監督官時代に企業の方から、次のような種類の相談をよく受けました。

「メンタルで休んでいた職員が今度復帰してくるんだが、フォークリフトの運転のような現場仕事をさせてもいいだろうか。」

この質問への答えはたいへん難しいものでした。まず、質問している会社の意図を推察しなければなりません。

例えば、このケースについて言えば、「職員は1日でも早く復帰したがっているが、事故を起こされても困るので、会社が復帰を渋っている」こともありますし、逆に「会社は早く出社してもらいたいのに、職員が出社を嫌がっている」というケースもあります。

私は、このような質問については、次のように回答していました。「この問題への回答は、医学的な見地から為されなければならない。産業医に意見を聴き、それに従って欲しい」

つまり、このような繊細な問題について、労基は産業医に判断を委ねてしまうのです。

さて、今回の事故についてですが、会社とバス運転者は以前からバス運転手の病気を認識し、その就業について産業医から意見を聴取し、バスの運転を続けさせていた模様です。労働安全衛生法上の手続きについては、完了しています。

以前に「癲癇」の病歴を隠し、重機を運転した運転手が、重機運転時に事故を起こした事件がありましたが、それとは根本的に事故の体様が違います。

何かネット上では、この事件について会社やバス運転手に重大な過失があったように書かれている記事もあるようですが、上記の会社のHPに記載されていることが、事実のすべてであるとするなら、私はそうは思いません。亡くなられた被災者の遺族の方々に、会社とバス運転手の謝罪の意が、受け入れられることを願う気持ちもあります。

もっとも、今度の事件について、私が現役の監督官なら、やはり労働時間について調査をし、違反があれば送検するケースです。路線バスは観光バスと違い極端な過重労働は通常ありません。しかし、道路渋滞の影響で「休憩時間」が十分に与えられないことが発生することも事実です。SASの診断を得た運転手について、その辺の配慮を会社がしていたかどうかが、今後の捜査のポイントになるような気もします。

ギランバレーとうつ病

(千代田湖、by T.M)

メンタルヘルスを原因とした過労死の一典型に「自殺」があります。電通事件や昨年の国立競技場の建設現場の現場代理人の自殺がその事例となります。

このうつ状態からの「自殺」について、「死ぬくらいなら、会社を辞めれば良かったのに」と言う方もいらっしゃいます。私も以前はそう思っていました。しかし、ある体験から、それは無理だと思うようになりました。

5年前に、ギランバレー症候群という病気になりました。この病気は神経系の病で、ある日突然に手足に痺れがきて、7日~14日くらいをかけて四肢がだんだん動かなくなり、最悪の場合は呼吸器が停止し、死亡に至るというものです。最悪期を過ぎると、徐々に回復はしてくるのですが、リハビリに何年もかかり、後遺症が残るケースもあります。

私の場合は、最悪期は首以外動かなくなり、気管切開し人工呼吸器に繋がれ、食事は嚥下できず鼻から管で胃に栄養液を入れてやり、瞼さえ自力で閉じることができず、眠る時は顔にタオルをかけました。その後、リハビリに2年間をかけましたが、今でも後遺症で手足に痺れが残り、下り階段は手すりを掴まなくては降りることができず、声帯が半分しか動いていないので時々呼吸困難となります。

最悪期に向かっている時に、自分の手足が動かなくなっていくのを意識していたら精神がまいってしまい、眠ることができなくなり、医者に睡眠薬と精神安定剤を投与されました。

リハビリ中も当初は、同クスリを服用していました。しかし、リハビリを続けていくなかで、「自力で眠るようならなくてはダメ」だと思うようになり、ある夜に医師と相談することなくクスリを飲まずにいました。数日くらい眠れなくても、最後には眠れるだろうと勝手に判断したのです。

ところが、その夜に気分がとても落ち込んだのです。回りが暗くなっていくような気がして、とても怖くなる反面、もうどうでも良くなって、このまま死んでもいいと思うようになりました。最高にまずい状態になった時に、当時飼っていた白猫が近寄ってきて、私の手をなめてくれました。一瞬正気になって気付きました。「クスリのせいだ。」そしてあわてて、精神安定剤を飲んだところで、気分は落ち着きました。

後日、医者にその時のことを話すと、こう注意されました。「それは『離脱』という症状だ。睡眠薬や精神安定剤を減らす時には、段階的に少なくしていかないと、とんでもないことがおきることがある。」

医者の説明によると、この離脱症状は、うつ病の症状に似てるところもあるということでした。もし、うつ病の患者が、あの時の私のような精神状態であるなら、自殺してしまうかもしれないと実感しました。

それ以降、私は自殺まで追い込まれる、メンタル系の労災被災者について、「自殺するくらいなら、会社を辞めればいいのに」とは思わなくなりました。