ギランバレーとうつ病

(千代田湖、by T.M)

メンタルヘルスを原因とした過労死の一典型に「自殺」があります。電通事件や昨年の国立競技場の建設現場の現場代理人の自殺がその事例となります。

このうつ状態からの「自殺」について、「死ぬくらいなら、会社を辞めれば良かったのに」と言う方もいらっしゃいます。私も以前はそう思っていました。しかし、ある体験から、それは無理だと思うようになりました。

5年前に、ギランバレー症候群という病気になりました。この病気は神経系の病で、ある日突然に手足に痺れがきて、7日~14日くらいをかけて四肢がだんだん動かなくなり、最悪の場合は呼吸器が停止し、死亡に至るというものです。最悪期を過ぎると、徐々に回復はしてくるのですが、リハビリに何年もかかり、後遺症が残るケースもあります。

私の場合は、最悪期は首以外動かなくなり、気管切開し人工呼吸器に繋がれ、食事は嚥下できず鼻から管で胃に栄養液を入れてやり、瞼さえ自力で閉じることができず、眠る時は顔にタオルをかけました。その後、リハビリに2年間をかけましたが、今でも後遺症で手足に痺れが残り、下り階段は手すりを掴まなくては降りることができず、声帯が半分しか動いていないので時々呼吸困難となります。

最悪期に向かっている時に、自分の手足が動かなくなっていくのを意識していたら精神がまいってしまい、眠ることができなくなり、医者に睡眠薬と精神安定剤を投与されました。

リハビリ中も当初は、同クスリを服用していました。しかし、リハビリを続けていくなかで、「自力で眠るようならなくてはダメ」だと思うようになり、ある夜に医師と相談することなくクスリを飲まずにいました。数日くらい眠れなくても、最後には眠れるだろうと勝手に判断したのです。

ところが、その夜に気分がとても落ち込んだのです。回りが暗くなっていくような気がして、とても怖くなる反面、もうどうでも良くなって、このまま死んでもいいと思うようになりました。最高にまずい状態になった時に、当時飼っていた白猫が近寄ってきて、私の手をなめてくれました。一瞬正気になって気付きました。「クスリのせいだ。」そしてあわてて、精神安定剤を飲んだところで、気分は落ち着きました。

後日、医者にその時のことを話すと、こう注意されました。「それは『離脱』という症状だ。睡眠薬や精神安定剤を減らす時には、段階的に少なくしていかないと、とんでもないことがおきることがある。」

医者の説明によると、この離脱症状は、うつ病の症状に似てるところもあるということでした。もし、うつ病の患者が、あの時の私のような精神状態であるなら、自殺してしまうかもしれないと実感しました。

それ以降、私は自殺まで追い込まれる、メンタル系の労災被災者について、「自殺するくらいなら、会社を辞めればいいのに」とは思わなくなりました。

 

メンタルと過労死(1)

(チャップリン作、「モダンタイムス」より)

1936年に制作された、チャップリンの「モダンタイムス」の話です。

チャップリン扮する工場労働者は、ベルトコンバヤーの流れ作業に従事していますが、長時間労働を続けたあげく、機械に巻き込まれるというトラブルに会い、精神を病んでしまいます。彼(チャップリン)は精神病院に入院しますが、退院した時には会社から既に解雇されていて、紆余曲折の末ホームレスとなってしまうのです。その後、彼はポーレット・ゴダール扮する少女と出会うことにより、精神が救済され、少女と一緒に現実に立向かうため旅立つところで映画は終わります。

ポーレット・ゴダールのような女性に出会えるなら、このような人生もまたいいかと思えますが、現実の社会ではなかなかこうはいかず、メンタル不調に陥った時点で、生活に色々な支障をきたすことが実際ではないでしょうか。

現代の日本で、過労が原因で労災事故にあった労働者が、そのトラウマからメンタル不調となり休業したならば、確実に労災認定されますし、病院に長期入院したとしても、解雇されることはなく、職場復帰を会社は待つということになります。そのような社会的なフォローは、チャップリンの時代より現代の方が整備されています。

しかし、今でも通用するシチュエーションを描く映画を、80年前に作ったチャップリンは、やはり天才だったのでしょう。
(それとも、労働問題の本質は80年前とあまり変わっていないということでしょうか)

さて、今回からは「過労死等を考えるというテーマ」でブログを書きます。

私が新監であった頃の30年前は、まだ、過労死の認定基準もなく、厚生労働省の正式見解としては、「人は過労が原因では死なない」というものでした。
enn

メンタルと過労死(3)


(写真は、私のウチに突然やって来て、猫のごはんを食べるタヌキです。まだ、子ダヌキで人間を恐れていませんが、可哀そうに、病気(疥癬病)で毛が全て抜けてしまったようで、不気味な様子です。ちなみに、自宅は、横浜市内ですが、タヌキ、アライグマ、ハクビシンを見かけることがあります。)

  平成 3年 電通の若手社員が自殺。平成12年に最高裁判決で労災認定。
  平成25年 電通での今回の過労自殺。
  平成26年 関西電力で、事故処理にあたっていた課長職の職員が過労自殺。
  平成27年 神奈川労働局で、大手電機メーカーの職員が長時間労働で鬱病を発症させたことを理由に同社を書類送検 等 

マスコミ等で話題になっている、これらの事件の共通項目は、みなメンタル不調となり、死亡あるいは長期休職となっっているということです。
約30年前の厚生労働省の「過労で人は死なない」という見解は、「ストレス」という要素を考慮する時に、明らかに間違っていたと言えます。  

 もっとも、ストレスで死に至るこというとは、お医者様も当時から認めてはいらっしゃったとは思います。問題は、「心因的ストレス」は長時間労働以外でも発生するので、死に至らしめたストレスが長時間労働に起因するものであるかが判然としないということが、長く過労死の労災認定を遅らせてきた問題です。

ストレスが原因で自殺した者について、そのストレスが「職場の問題」から来るものか、「家庭内問題を含めたプライベートの問題」に由来するものなのか、多くは両者の複合的な要素が自殺の原因となるケースが多いので、労災認定の時は難しい判断を要求されるのです。

因みに、過労死の平成27年度の労災認定件数ですが、
   脳・心臓疾患       96件
   ストレスを原因とした自殺 93件
      (厚生労働省発表)
で、心臓麻痺や脳梗塞の発生件数と、自殺の発生件数はほぼ同じとなっています。

                          
asenn