労働災害が起きました(1)

DSC_0053
(高校生時代からの親友のK氏から頂いたものです)

今回からは、災害調査について書きます。これも書くことはたくさんあります。

災害調査ということについては、血なまぐさい現場を想像して、たいへんな仕事をしていると思われるかもしれません。しかし、誤解される表現かもしれませんが、「死亡災害」及び「後遺症が残る災害」以外は、企業の存続にとって、あまり大きな影響を与えないので、災害調査自体もルーティンワークとなっている現実も監督署の現場では確かにあります。
(逆に言うと、「死亡災害」及び「後遺症が残る災害」が起きてしまうと、企業の致命傷となることが多々あります)。
よく、企業の安全担当者の中には、「昔、こんな事故がありました」と言って、軽い事故は武勇伝のように語る方もいます。もちろん、これは、その「軽い事故」を契機として、企業がより安全確保を求めたという結果について、自信があるための発言だと思います。
まして、物損だけの事故なんて、月に何十枚もの死傷病報告書を受理していたら、そのうち災害とは思えなくなります。
やはり、人間にとって、財産よりも健康が大切だと、つくづく感じるのは災害調査をしている時です。
(注) 労働者死傷病報告書とは、労働安全衛生規則第97条により規定された、企業から所轄労働基準監督署長に提出される災害発生を通知する報告書。労働基準監督署は、この報告書と労災の手続書類のから災害の発生を知る。休業4日以上の災害については、この書類の提出が企業に義務づけられるため、提出がない時は、「労災隠し」として刑事事件となることがある。労災隠しについては、今後書きます。

さて、事故の話です。
・・・・・・・・・・・・・・・

その災害情報の第1報が入ったのは、午前10時頃だった。
4月に入って間もない頃のことで、間が悪いことに監督署には私以外誰もいなかった。

労働災害が起きました(2)

dsc_0098
(K氏から頂いたものです)

災害の情報は、消防署からもたらされた。
(注) 災害が発生し、救急車が出動した場合、労働基準監督署と警察署へ連絡がされる社会的システムが確立されている。
災害の内容は爆発事故。
なんでも、建設会社の資材置き場で、ガソリンが入れてあったドラム缶をガス溶断していたところ、爆発が起きたいうことで、被災者は2人だが、命に別状はないとのことだった。

私は、その時に物損だけの災害と判断した。
労働基準監督署では爆発事故は、被災者がいなくても、基本的にはすべて災害調査を実施することになっている。

監督署というのは、小さな組織で、災害に対応できる職員は4~5人程度、そして、災害調査には通常3人はどうしても必要。それは、カメラ1名、測定1名、作業指揮及び立会人からの事情聴取1人の割当てである。
私は、他に誰もいなかったので、その災害調査に4月1日に新監として配属されてきた、女性監督官を連れて行くことにした。彼女は、まだ任官1週間目であった。
私は彼女に、災害調査に行くから用意をするように指示したが、作業服はまだ支給されていなかったので、署に置いてあった中古のもので間に合わせ、作業靴もヘルメットも他人のものを借りた。。
私は、似合わない装備を身に着けた、新人の女性監督官の姿を見て、「ヤッパリ、1人で災害調査に行った方が良いのでないか」と考た。

私は、女性監督官に本日の災害調査の主旨をくどくどと説明した。
「いいか、本当は君をつれていきたくないんだ。会社に現場保存をお願いして、後で行くという方法もあるが、被災者のケガが軽いということなので、あまり仕事をストップさせのも悪いので、仕方なく君と一緒に今日災害調査をやる。足でまといになるなよ。君は、コンベックス(巻尺)の端をもって、私のいうとおりに動けばいいんだ。」
さらに私は続けた。
「監督官にとって、災害調査というのは、主な仕事の一部だ。この経験を必要とする業務に、入省1週間目で、私のような経験豊かな監督官と行くことは、ある意味、君の幸運だと思いたまえ。」
私はこの言葉を、後でとても後悔することとなる。

労働災害が起きました(3)

dsc_0084
(K氏からの頂き物です)

私は続けて尋ねた。
「いいかい。カメラは使えるか」
「大丈夫です。」
「言っとくけど、デジカメじゃないよ。フィルムだよ。使い方分かる?」

(注1) 災害調査の時に、長くデジカメは使用されなかった。もしくは,補助的な撮影器具ということで、あくまでフィルムカメラが主であった。これは、私が退職する寸前まで、裁判所がデジカメの撮影記録の刑事事件での証拠能力を認めなかったことによる。つまり、デジカメによる記録は、パソコンにより改ざんが容易なため、司法警察員が実施する実況見分にはフィルムカメラしか認められなかったものである。私の退職数年前になって、ようやくデジカメはその利便性により、災害調査に用いられるようになったものである。そのため、フィルカメラなんぞ見たことがないという世代は、その操作を苦労したものである。

その女性監督官が私に尋ねた。
「現場までどう行くんですか。」
「自転車だよ。私は最近クルマの運転はしていないんで、自信がないんだ。」
「あのー、良ければ私が運転しますけど。」
私は彼女の掃いている安全靴を見た。
「安全靴の運転大丈夫か。」
「大丈夫です。私は自分のクルマ持っていますし、宿舎までの引っ越しも自分のクルマでしました。」
「では、頼む」
そんな訳で現場まで、彼女の運転で行ったが、とても安全運転で、その技量は私をはるかに超えるものだった。
クルマの中で、私は彼女に尋ねた。
「カメラにフィルムを入れたか。」
「ハイ、大丈夫です。私、カメラは少し自信があります。それからデジカメも持参しました。署の検討会の時と局への報告にはそれの方が早いと思って。」
「デジカメも使ってくれるのはありがたい。後で加工もお願いする。」
「ハイ、私、webの開発をしてましたから、そういうの得意です。」
私はクルマの助手席に座りながら、この可愛くない新人を、今後どうやって教育していくのか、少し頭が痛くなりかけていた。